仙台スローライフネット
言いたい放題
仙台の授産施設紹介を紹介しています。

kikuta@sm.rim.or.jp
詳細のページへ
夏の思い出
詳細のページへ
水浴の女
詳細のページへ
オデッュセウス
トップ > 言いたい放題 > 2010/08/30
季節を楽しむ [2010/08/30]
  日本には春夏秋冬という四季があります。
そして日本人昔からいろいろな形で四季を楽しんできました。
節句(せっく)というものがありますが、伝統的な年中行事を行う季節の節目(ふしめ)となる日で、 日本各地で様々な形で今でも盛んにおこなわれています。
俳句には、江戸時代の俳人、山口素堂の俳句に『目には青葉 山ほととぎす 初がつを』 というのがあります。
又、和食には食材の楽しみ方が3つあります。
走り」「旬(しゅん)」「名残り」といって、 「走り」は出始めの食材や初物をいただくという文化のこと。
」は今まさに美味しいとか、沢山取れるという時期のことを指し、お値段などもお手頃になっています。 そして「名残り」。これはもう時期的に終わりのものを、最後にもう一度楽しんで来年の季節を待ちましょうという楽しみ方です。
冬が寒くなければ、桜も咲きません。
寒くて嫌と感じる方も多いかもしれませんが、冬も楽しんでください。
「今日は天気が悪いね」という言葉がありますが、それはだいたい雨の日のことを言っているのでしょう。
しかし、雨が降らなければ食物も育ちません。雨が降った日は『雨降りの日だね』と言ったほうがよいのかも。
ま、とにかく、季節を楽しみましょう。

ご注文 (クリック)